おおいた動物愛護センター 〜応援サイト〜

愛護センターと動物管理所の役割

現在大分県には地域の各「保健所」と、そこで迷子などで収容されたものの飼い主が現れず、行き場を失った犬や猫が搬入される最終の場所「動物管理所」があります。

行政とボランティアは、殺処分を減らすため飼い主への返還に努力し、譲渡に向く犬は保護・譲渡活動を行い、1頭でも多くの命を救う活動をしています。

しかし今の保健所、管理所だけの環境では、収容できる檻の数が少なく、次々と犬猫達が搬入される為、押し出される様に、処分までの期限が短いのが現状です。

動物愛護センターができれば、収容期限を現在よりは延ばすことができ返還・譲渡活動がしやすくなること、ある程度の医療処置ができることなど、まだまだ具体的な決定事項はこれからですが、大分県の動物愛護啓発の拠点として多くの期待ができます。

しかしながら、動物愛護センターができてからも、殺処分がゼロになるわけではありません。

収容された犬や猫の状態(攻撃性・ケガや病気)によっては、センター内での譲渡・保護が難しいと判断されます。
その犬や猫は、動物愛護センターから、最終的に動物管理所に搬送されます。すなわち、残念ながら殺処分業務は行われます。

まずは、飼い主さんたちが、自分の小さな家族を迷子にさせないこと。保健所へ収容されれば、その檻に先に収容されていた犬や猫の保護期限を短くしている事を知って下さい。もし、迷子になっても、すぐに保健所に連絡をして迎えに行って下さい。何より一緒に暮らす小さな命達を最後まで面倒をみるという当たり前の事が、身近にできる殺処分を減らす為の愛護活動です。

 

ボランティアグループ「しあわせなしっぽ」 ブログより抜粋