センターについて

おおいた動物愛護センターの役割Role

大分県と大分市では、保健所等で保護した犬や猫の返還や譲渡を推進すること、飼い主に終生飼養や適正飼養を指導・啓発すること、人と動物のふれあいを通じて共生を推進すること等を目的に、共同で動物愛護拠点施設「おおいた動物愛護センター」を整備します。

  1. 保護犬・猫の返還や譲渡
  2. 責任ある飼育の指導と啓発
  3. 動物とのふれあいと共生意識
  4. 災害等緊急時、被災動物の避難救護活動拠点

業務のご案内

  • 保護収容動物の適正な飼養管理
  • 保護収容犬の情報提供と返還
  • 動物の譲渡、譲渡希望者への適正・終生飼養の指導

より良い環境整備への取り組み

  • ボランティア活動、動物愛護推進員活動の支援
    動物愛護に関わる様々な民間活動が行いやすいような活動支援の基盤や制度を整えていきます。
  • 動物関係学校の実習
    獣医大学の学生、動物看護師養成学校、トリマー養成学校等の学生を受入れ、動物愛護センターでなければ学ぶことができないこ との実習の場としても活用することを目指します。

イベント情報のご紹介

適正飼養講習会、しつけ方・飼い方教室、教育学習(人と動物の関係、人と人との関係を育む教育)等、人と動物の正しい関わり方を学ぶイベントをおこないます。また、多くの県民に参加していただき、動物への理解を深めてもらうため、動物愛護フェスティバルを開催します。

災害等緊急時、被災動物の避難救護活動拠点

大規模災害が発生した際には、動物愛護センターは被災動物の避難救護活動の拠点となるます。救護活動に必要な物資の保管や管理をおこない、発災時は飼い主とペットの同行避難の場所となります。災害時の避難救護活動を行うために、市町村、獣医師会、ボランティア等関係機関等との連携協力を図り実践的な訓練を実施いたします。

譲渡会へむけての安心で安全な健康管理

  • 譲渡用収容動物については、必要に応じた健康診断の実施。健康管理、感染症対策、ストレス対策を十分に行い、一定の運動を要する動物については、 適切な運動ができるよう配慮します。
  • 保護収容した動物のうち一定期間経過後も飼い主不明及び飼い主から引き取った動物で譲渡に適性のある動物については、出来る限り生命を尊重し、積極的に譲渡を行い、成犬、成猫についても、高齢者でも飼養できる場合があるなどのメリットを積極的にPRして譲渡を進める。
  • 試験飼養期間等、里親と動物の相性を確認できる制度を設け、必要に応じて基本的なしつけ、訓練を実施し、 健康管理、トリミング等を行います。
  • ホームページ等で譲渡に関する情報を広く公開し、動物愛護センターからの譲渡と同様な条件、審査により譲渡が行える団体による譲渡について協議を進める。また、譲渡後の繁殖を防ぐため不妊去勢手術を行います。
ページTOPへ